子どもたちが誇れる広島市へ。むくぎ太一

広島の思いを日本、世界へ

学生時代、東京では「8月6日」が
何の日か知らない人が多く、
被爆3世の私はがく然としました。
祖母の腕を握った時のゴツゴツした感触は、
今でも残っています。
祖母の腕には、爆風で割れたガラス片が
埋まっていました。

「広島を頼むよ」ー。

祖母の思いを子どもたちに、
世界に伝えていかなければいけない。
そして、新聞記者の経験をいかし、
現場の声に耳を傾ける政治で、
「子どもたちが誇れる広島市」を
つくることを決意しました。

太一の徒然日記

新聞記者むくぎ太一が
日々のできごとを
ホンネでつぶやきます

むくぎ太一の活動レポート

むくぎ太一がいつどこで何をしているのか!?
リアルタイムでお知らせします

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook